2009年11月06日

関東地方の薬膳料理レストラン3

関東地方は、人口が多い分、薬膳料理店も非常に多い地域ですので、今回は3回目のご紹介となります。
ではさっそく、神奈川県の薬膳料理レストランからいきましょう。
JR根岸線の関内駅から徒歩5分くらいのところにございます「中国厨芸 品味」には、本場中国の薬膳料理や日本人向けの中華料理メニューをたくさん用意しております。
お店のお勧めが薬膳料理ですので、こちらのお店へ行った際にはぜひ食してみてください。
滋養強壮や、美容に良いものばかり揃えているそうです。
横浜中華街にお店を構えているのは「青葉 新館」です。
こちらは、台湾料理の薬膳を提供しています。
薬膳にしてはしっかりとした味付けで、薄味が苦手な方にも美味しく召し上がっていただけるのではないでしょうか。
横須賀市日の出町にございますのは、「香港料理 朝廷 日の出町店」。
こちらでは、香港の薬膳料理を楽しむことが出来ます。
香港は中華料理の中でも広東料理ですから、広東の薬膳料理と言ったほうが良いでしょうか。
良質な食材選びと、調理法にこだわっているそうです。
そして、宴会までも薬膳料理で行うことが可能だそうですから、お酒の席でもヘルシーなお料理でお腹を満足させられますね。
山下公園の前にございますのは、「和食 やくぜん」です。
素材の味を生かした料理の数々は、どれも女性に大人気だそうです。
豊富な日替わりメニューもあるため、常連さんも多いとか。
薬膳のランチなら、毎日でも良いですね。
横浜の伊勢佐木町にも「へルシー工房 薬膳料理 悠々」というレストランがございます。
神奈川のあたりは薬膳のレストランが多いので、まだ未知のかたはぜひ一度足を運んでください。
posted by 薬膳料理 at 10:48 | TrackBack(0) | 薬膳料理 | 更新情報をチェックする

薬膳料理と精進料理の違い

薬膳料理と聞きますと身体に良いイメージはお持ちだと思いますが、似たようなイメージの精進料理も思いつきませんか。
どちらも健康的で、なんとなくお寺で食べるようなイメージも持ち合わせていますね。
しかし、実際のところ、薬膳料理と精進料理とでは、何が違っているのでしょう。
そもそも違うものなのでしょうか。
もしかすると、同じものの呼び方だけ違っているのでしょうか。
実は、薬膳料理と精進料理は、別のお料理と思っていただいて大丈夫です。
薬膳料理がどのようなものを指すのかにつきましては、このブログの最初に簡単にではありますがお伝えいたしました。
陰陽五行説などの中医栄養学に基づいたお料理でしたね。
一方、精進料理と言いますのは仏教が根本にある料理ですので、肉食などが禁じられたいわゆるベジタリアン料理と同等のものだと考えて良いでしょう。
詳細に語れば、肉類にしても殺された現場を見ていない動物に関しては大丈夫である、などの細かい決まりごとはあるものの、基本的には野菜と植物性タンパク質がメインのベジタリアン料理と考えて良いと思います。
そのような理由から、精進料理を粗食というかたもいらっしゃいますが、それは個人個人の価値観の違いですので、一概に粗食と決めつけるのもどうかと思います。
近頃では、世界的にも食への関心が非常に強くなり、貧国ではなくとも敢えてベジタリアン料理を選択するかたも増えていますから、肉類イコール贅沢料理という図式は徐々に崩れて行っているのではないでしょうか。
薬膳料理は、症状に応じてそれに見合った動物性のお料理も食しますから、その部分でも精進料理とは異なっていますね。
posted by 薬膳料理 at 10:48 | TrackBack(0) | 薬膳料理 | 更新情報をチェックする

薬膳アドバイザーについて

前回は、国際薬膳師という資格についてのお話をいたしました。
しかし、この受験資格を得るだけでも、かなりの難関であるというお話をしましたね。
それでは、もう少し簡単に取れる薬膳の資格のようなものはないものでしょうか・・・ということで、本日、ご紹介するのが「薬膳アドバイザー」です。
国際薬膳師に比べますと、どなたでも一生懸命勉強することにより薬膳アドバイザーになることができます。
薬膳アドバイザーになるための講座というのがあるのですが、そちらの講座では、本来、長い時間をかけて専門的な勉強をしなくてはいけないところを、家庭の実践に重点を置いて、わかりやすく、誰にでも理解できるように説明してくれています。
例えば、薬膳料理用の食材にしても、普段から食べているもので手に入りやすいものを中心に150種類も紹介してくれたり、体質や症状に応じた処方例なども学ぶことができるそうです。
テキストは3冊ですが、それだけで本格的な薬膳の知識が身に付くようなカリキュラムになっています。
これなら、薬膳に興味を持った時点ですぐに始めることができそうですね。
実際に、普通の主婦や学生さんであっても薬膳に興味のあるかたがたがたくさん薬膳アドバイザーになっています。
そして、講座で勉強した知識を日常の食事に生かすことで、冷えや貧血などが改善されるなどの嬉しい効果が表れているそうです。
どうですか。
薬膳を学べば、日々の食事が薬膳料理になるようなものです。
興味さえあれば、どなたでもさらに深く勉強でき、薬膳アドバイザーになることができます。
今回、薬膳アドバイザーについて知ったのをきっかけとしてさっそく始めてみませんか。
posted by 薬膳料理 at 10:48 | TrackBack(0) | 薬膳料理 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。