2009年11月06日

薬膳料理の本2

本日も引き続き、薬膳料理の本をご紹介しようと思います。
書店ではお料理本のコーナーか、もしくは健康本のコーナーに置いてありますので、タイトルで気になったものがあれば、中身をパラパラとめくってみて、ご自身が見やすいものや作りやすそうなものを選ぶのが良いでしょう。
また、インターネットの本屋さんでも、タイトルで検索すればすぐに見つかると思います。
では本日の1冊目、薬日本堂さん監修の、「かんたん・おいしい薬膳レシピ」も、そのタイトル通り、簡単で美味しい薬膳料理が手軽に作れます。
疲労や冷え性、肌荒れなど、病気ではない身体の不調に効く、美味しい薬膳料理のレシピが満載です。
七沢なおみさんとアトリエ ヴィ共著の「お部屋で薬膳カフェ―からだにやさしい!スイーツ&ドリンク64」は、食事というよりも、カフェタイムにぴったりの薬膳。
これなら、お料理の苦手なかたや、まだお料理に馴染みのない若い方でも楽しんで作ることが出来るでしょう。
スイーツとドリンクが薬膳になれば、糖分の摂りすぎやダイエットなども気にしないで、思い切り食べられますね。
こういったものから薬膳を始めて、食事にも薬膳を摂り入れていくようになると、より良いでしょう。
小野槙玲さん著の「Natural yakuzen―スーパーでそろう食材だけでつくるがんばらないわたしの薬膳レシピ」も、初心者向けで非常にわかりやすい薬膳料理本です。
食材ごとの効能が載っているのも良いですね。
薬膳料理の本は、非常にたくさん出ていますが、ここでは、その一部しか紹介できませんでした。
色々な本に目を通してみて、自分で作れそうなレシピだと思ったなら、1冊購入しておくとよいでしょう。
そして、たまには実際の薬膳料理レストランにも出かけて味見をするのもお勧めです。
posted by 薬膳料理 at 10:48 | TrackBack(0) | 薬膳料理 | 更新情報をチェックする

薬膳料理の本1

お近くに薬膳料理の教室がなかったり、薬膳料理関係のイベントも開催されないというかたも、どうぞご安心ください。
今日では、薬膳料理の本がたくさん出版されています。
本があれば、ご自宅で誰に気兼ねするでもなく、好きなだけ時間をかけてゆっくりと作ることができます。
そうやって、いくつかの薬膳料理レシピを覚えてゆくのも良いのではないかと思います。
本日は、そういった本の中から比較的簡単で、誰にでも作れるような薬膳料理が載っている本をご紹介いたしましょう。
日本中医食養学会が発行しています「旬を楽しむ81の簡単レシピ ふだん着の薬膳」は、朝日新聞の夕刊で連載しています「薬膳的夜食術」が本になったものです。
薬膳を勉強している薬剤師の先生などが作成したものなので、少しの手間で美味しい薬膳料理が作れてしまいます。
しかも、材料も冷蔵庫に入っているような身近なものばかりです。
ぜひ、挑戦してみてください。
峯村静恵さんと新井友加里さん共著のキレイ&元気のための「漢方」+「薬膳レシピ」はイラストがふんだんで、初心者にもわかりやすい構成になっています。
漢方に関する説明も前半にまとめてありますので、レシピだけでなくちょっとした知識も欲しいかたにはピッタリだと思います。
「薬膳美人 スーパーマーケットの食材で作る、カンタン薬膳」は、杏仁美友さんの著。
薬膳料理と言うと、食材をそろえるのから面倒そう・・・と敬遠されがちですが、スーパーマーケットで売っている材料で作れるのなら、どなたでも気軽に始められますね。
渡辺玲さん著の「カレーな薬膳」は、南インドのカレーで元気をつけよう!といった発想。
もともと、カレーは沢山のスパイスを使いますから薬膳料理と言われています。
カレー好きのかたには嬉しい、美味しい薬膳カレーの数々がたくさん載っています。
posted by 薬膳料理 at 10:48 | TrackBack(0) | 薬膳料理 | 更新情報をチェックする

薬膳料理を学ぶ3

本日からは首都圏以外の薬膳料理教室をご紹介いたします。
お近くの教室がありましたら、ぜひ申し込みをしてみてください。
病気に強い身体をつくりましょう。
では、まずは滋賀県の大津市蛍谷にあります「薬膳館」のご紹介から参りましょう。
こちらでは、毎月のように、薬膳料理教室を開いています。
中国茶をだしてくれる喫茶去では、お茶の勉強もすることができますし、健康セミナーなども開催されています。
お近くのかたは気軽に顔を出してみてください。
兵庫県の宝塚市雲雀ヶ丘で台湾の薬膳料理を学ぶことができるのは「程 一彦中国料理教室」です。
テレビなどでも大活躍の程先生が、自宅を開放して薬膳料理教室を開催しています。
心身の健康は正しい食事から・・・をモットーに、ご家庭で簡単に作ることが出来る薬膳をおしえてくれています。
プロの料理人まで学びに来るという教室。
ぜひ、教わってみたいものですね。
さて、このように、常日頃から薬膳料理を専門におしえてくれているお料理教室というのは、地方では少ないかもしれません。
しかし、数か月に一度や半年に一度・・・というように、薬膳料理の先生を招いて、薬膳料理教室を開催してくれるというイベントでしたら、あちらこちらで開催されています。
住んでいる地域に薬膳のお料理教室が無いから・・・と諦める前に、そのようなイベントを探してみましょう!!
また、多少遠くても、数回のレッスンに通うことで、その薬膳の知識は一生ものになりますので、時間やお金をかけて遠くまで習いにでかける価値は充分にあると思いますよ。
posted by 薬膳料理 at 10:48 | TrackBack(0) | 薬膳料理 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。