2009年11月06日

薬膳料理を学ぶ2

引き続き、今回も首都圏の薬膳料理教室のご紹介です。
薬膳料理教室は、だいたいどこも少人数制をとっており、人気もありますので、すぐに定員に達してしまいます。
気に入ったところがありましたら、すぐに申し込みをしてみてくださいね。
それでは、本日も首都圏、神奈川県から行きましょう。
神奈川県秦野市北矢名にございます「丹沢薬膳料理教室 Miyu's Studio」。
こちらの教室は、女性限定で、サロン形式のレッスンだそうです。
安心で安全、そして手に入りやすい食材を使って薬膳料理をお料理していきます。
東京都の港区赤坂で薬膳料理をおしえているのは、「パンウェイ 乃木坂教室」です。
パンウェイ先生が、幼い頃から慣れ親しんできたというお婆様の家庭料理を原点にして、素材の持ち味を生かした中国家庭薬膳料理を提案しています。
場所もとても便利なので、ぜひ足を運んでみてください。
神奈川県の鎌倉市大船で薬膳を学ぶなら「皿×皿料理教室」などいかがでしょう。
教えてくださる先生は、医と食の関係に興味を持ったことで、国立北京中医薬大学日本校薬膳学科にて学び、ついには「国際薬膳師」の資格をも取得したというパワーの持ち主です。
薬膳料理のクラスは、さらに、基礎コース、初級コース、上級コース、研究科コースというように分かれており、個人個人のレベルに合わせ幅広く学ぶことが出来るので、非常に学びやすいです。
しかも、和食を中心とした薬膳料理なのも日本人には嬉しいですね。
posted by 薬膳料理 at 10:48 | TrackBack(0) | 薬膳料理 | 更新情報をチェックする

薬膳料理を学ぶ1

薬膳料理に興味があり、実際にレストランなどで食べたことがある方などは、自分でも作れたらいいのに・・・などと思うこともあるのではないでしょうか。
これといって確かな病気でもないのに、なんとなく身体の調子が悪いというかたや、病後の体力回復を目指すかた、そして、病気の予防のために、日々の食生活を見直したいというかたなどにとっても、薬膳料理は非常に興味深いもののはずです。
また、今現在、特別薬膳料理に興味はなくとも、お料理を作るのがお好きなかたでしたら、薬膳料理のレシピをいくつか覚えておくのも良いのではないでしょうか。
今回は、薬膳料理を学んでみたいというかたのために、ご家庭でも簡単にできる薬膳料理を教えてくれる教室のご紹介をしようと思います。
まずは首都圏の教室からご紹介いたしましょう。
東京都新宿区市ヶ谷にございます「江上料理教室」では、健康は毎日の食事から・・・をモットーに、ご家庭でできる簡単薬膳料理の教室を開催しています。
体質や体調に合った食品や生薬を覚えることが出来るそうなので、毎日の食事に生かすこともできますね。
東京都目黒区にございますのは薬膳料理教室「FOOD and LIFE」です。
1レッスン3名までという少人数で、しっかりと薬膳料理が覚えられます。
毎月テーマを決めて中医学に触れながら行うレッスンは、楽しく有意義で人気があります。
神奈川県の川崎市中原区で薬膳料理を学べるのは薬膳料理教室「薬膳Salon」です。
主宰のかたが鍼灸師のキャリアを持っておりますため、中医学の理論をわかりやすくお伝えしながら薬膳を学んでいきます。
posted by 薬膳料理 at 10:48 | TrackBack(0) | 薬膳料理 | 更新情報をチェックする

沖縄地方の薬膳料理レストラン

地方ごとに薬膳料理のレストランを何軒かご紹介してきましたが、今回は、その最後、沖縄地方の薬膳料理レストランのご紹介をいたします。
最初は、琉球薬膳の家庭料理レストラン、「拓洋」です。
那覇市前島にお店を構えています。
お料理だけが薬膳なのではなく、お酒までも薬膳酒が揃っている拓洋。
野菜はもちろん無農薬、減農薬、有機の素材を使っており、生産地食で身体の内側から元気になれるお料理の数々です。
琉球特有の薬膳・・・ぜひ、一度食べてみたいものですね。
次は高級薬膳のレストラン「カナ」のご紹介です。
沖縄県の北中城村にございます「カナ」では、医食同源の高級食材、イラブーを食べることができるのです。
イラブーとは聞いたことがありますでしょうか。
正式な名称は「エラブウミヘビ」と言い、毒を持つウミヘビのことです。
しかし、このイラブーには、サプリメントなどで人気のDHAやEPAをはじめ、DPA、オレイン酸、カルシウム、マグネシウム、ビタミンA、ビタミンD等々、身体の機能を高めてくれる成分が非常に豊富に含まれているのです。
それ以外にも、老化を防ぐ成分であったり、コレステロールや中性脂肪の増加を抑える成分なども含まれており、非常に優秀な食材なのです。
もちろん、イラブーが食べられないかたにも、他の薬膳のメニューは色々ありますからご安心ください。
地元のかたはもちろんのこと、沖縄旅行の際には、他ではなかなか味わうことのできない琉球薬膳をぜひともご賞味ください。
posted by 薬膳料理 at 10:48 | TrackBack(0) | 薬膳料理 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。